授業支援ボックスとは

専用の用紙(フォーム)を以下の場所に設置された複合機でスキャンすると、OCRにより学籍番号と得点を読み取って、連携するWebClassに電子化された回答用紙と成績データを取り込むことができます。

授業支援ボックスの利用

■操作マニュアル
授業支援ボックスの利用方法は、操作マニュアルをご覧ください。

■授業支援ボックスの設置場所
東京千住キャンパス 2号館1階 総合メディアセンター、2号館3階 講師室、2号館4階 プリントルーム

■専用フォーム
専用フォームはこちらからダウンロードしてください。

授業支援ボックスの主な機能

■得点の集計処理
特定の領域に記載された学籍番号と得点をOCRで読み取り、Microsoft Excelファイルに出力します。

■情報の蓄積と管理
スキャンした画像も1枚ずつPDF形式のデータで蓄積します。

■WebClassでの採点結果の集計と学生への公開
取り込んだ情報(得点、PDF)をWebClassに取り込んで点数の集計を行います。また、学生に採点結果とスキャンした用紙の内容も公開できます。

■慣れた紙ベースの運用とe-learningの便利さを融合
試験の実施や採点作業は従来通りの用紙を利用した方法で行い、情報の蓄積や公開を、Webを使って行うことが可能です。