総合メディアセンターの概要

総合メディアセンターは、本学全体の、メディアインフラ(ネットワーク、ソフトウェア、ハードウェア、視聴覚機器及び図書等)の統括、収集、管理運用を担い、教育、研究並びに事務のための円滑かつ効果的な利用を推進することを目的としています。

総合メディアセンターの歩み

平成8年10月1日(1996)より、電算機情報、図書、工学機器および研究用メディアを扱っている部署を一体の組織とし、メディア資源の有機的・効果的利用を促進するため、電子計算機センター、図書館、教育工学センター、事務システム開発室並びに小金井キャンパス電子計算機センターの組織を統廃合して発足しました。

主なサービス

総合メディアセンターでは、「ITサービス」「視聴覚サービス」「図書サービス」等のメディアインフラに係るサービスを提供しています。
◆ITサービス
ID/パスワード管理、ソフトウェア、ネットワーク、プリントシステム、ユーザ端末システム、メールシステム、事務システム等。
◆視聴覚サービス
教室の視聴覚機器等。
◆図書サービス
図書貸出、電子ジャーナル、データベース等。

総合メディアセンター運営委員会

総合メディアセンターの運営に係わる重要事項について審議するため,以下の構成員で総合メディアセンター運営委員会が組織されています。
(1)情報統括責任者又は情報統括責任者の指名する情報統括責任者補佐
(2)総合メディアセンターを担当する理事
(3)担当副学長
(4)総合メディアセンター長
(5)総合メディアセンター副センター長
(6)小金井サテライトセンター長
(7)学長が推薦する者若干名
(8)工学部長が推薦する教育職員・教育嘱託若干名
(9)理工学部長が推薦する教育職員・教育嘱託若干名
(10)情報環境学部長が推薦する教育職員・教育嘱託若干名
(11)未来科学部長が推薦する教育職員・教育嘱託若干名
(12)システムデザイン工学部長が推薦する教育職員・教育嘱託若干名
(13)中学校・高等学校長が推薦する教育職員・教育嘱託若干名
(14)総務部長
(15)経理部長
(16)管財部長
(17)東京千住キャンパス事務部長
(18)理工学部事務部長
(19)情報環境学部事務部長
(20)中学校・高等学校事務室長
(21)総合メディアセンター事務部長
(22)総合メディアセンター長が特に必要と認める者若干名