マイクロソフト教育機関向け総合ライセンス契約(EES)について

2012年4月、東京電機大学は、日本マイクロソフト社と教育機関向け総合ライセンス契約(EES:MicrosoftEnrollment for Education Solutions)を締結いたしました。※2018年4月に契約を更新いたしました。この契約により、マイクロソフト社製のOffice製品やWindowsOS(upgrade)を大学資産のPC(研究室や居室、事務室)で利用することができます。また、個人が所有するPCで利用頂ける、Office製品やWindows OS(バージョンアップライセンス)がございます。

 

お知らせ:Office365 Pro Plusの提供を開始しました。

2018年4月より、office365 Pro Plusの提供を開始いたしました。office365上で、個人のPCにインストールできる最新バージョンのMicrosoft Officeを取得できます。【Office365】よりご利用ください。詳細は、Office365ProPlusインストール方法をご確認ください。※資料(box)にアクセスする際のIDはメールアドレスになります。

利用できる範囲

東京電機大学の教職員(非常勤含む)及び学部、博士課程に在籍する全ての学生が利用できます。

インストール可能PC

以下のPCにインストールすることができます。

  • 研究室や居室、教職員が管理している大学資産PC ※2018年度より無償
  • 教職員個人が所有するPC ※一部有償(個人負担)
  • 学生個人が所有するPC ※原則無料

※個人PC向けライセンスは、学部生・大学院生・博士課程に在籍する学生、常勤教員、非常勤教員、職員の方が利用できます。
※研究員・研究生は含まれません。

利用資格の喪失

利用者は、マイクロソフト全学ライセンス契約の解除時や、東京電機大学の教職員、及び学部、博士課程の学生ではなくなり利用資格を喪失した場合には、ソフトウェアを削除する義務を負います。

 利用できるソフトウェア

Microsoft Windows OS(アップグレード)
Windows7,Windows8.1,Windows10

Microsoft Office
Office365 Pro Plus /Office Professional Plus 2013 / 2016、Office 2016 for Mac Standard

Microsoft Visio
Visio Premium 2013 / 2016

Microsoft Visual Studio
※Microsoft Imagine Standard(旧:DreamSparks)を契約

注意事項

  • 契約が終了した場合、この契約に基づくソフトウェアはアンインストールしなくてはいけません。
  • 本学の構成員でなくなり、利用資格を喪失した場合は、ソフトウェアをアンインストールしなくてはいけません。

利用方法

ライセンスの提供サービスは、大学資産PC向けと個人所有PC向けのサービスがあります。それぞれのページをよく読み、ライセンスの申請・手続きを行ってください。

大学資産PC / 研究室向け 個人所有PC向け(教職員) 個人所有PC向け(学生)

お問合せ先

総合メディアセンター Microsoft担当
microsoft(at)mrcl.dendai.ac.jp
※(at)を@に置き換えて下さい。

LAST Update 2018.04.11