ChemDrawとは

 ChemDraw は化学構造式の描画ツールです。世界で最も使われているソフトウェアです。科学的知見を備え、論文などにすぐに使える高品質な化学構造式の描画を簡単に作成できます。作成した化学構造式の描画は、電子実験ノートブックやデータベース、出版物で利用するほかに、作成した構造式を使って化学データベースを検索することもできます。

ライセンスについて

 本学では、2006年度よりPerkinElmer社と「ChemDraw Professional」のサイトライセンス契約を締結しております。

 東京電機大学に在籍している方であれば、化学構造式描画ソフト「ChemDraw」等のソフトウェアが利用できます。化学、化学実験、有機化学、有機化学実験等で是非ご活用ください。

 現在は、【ChemDraw Professional V19】が利用できます。V16のライセンスは2020年秋にサポート期間が終了いたしました。V16を利用している方はアンインストールを行い、V19以降のライセンスをご利用ください。

利用資格の喪失

 利用者は、サイトライセンス契約の解除時や、東京電機大学の教職員、及び学部、修士、博士課程の学生ではなくなり利用資格を喪失した場合には、ソフトウェアを削除する義務を負います。

ソフトウェアのライセンス取得とインストールについて

 Web申請により、ライセンスを取得いただけます。インストールマニュアルをご確認いただき手続きを行ってください。

 ChemDrawのライセンスは、年度単位でライセンス更新を行う必要があります。ライセンスの更新を希望される方は4月以降に再度申請を行い新しいライセンスでアクティベーションをし直してください。
 ※2021年4月1日より、 新しいライセンス申請受付を開始しました。申請を行いアクティベーションを行ってください。
 ※V16以前のバージョンは、メーカーサポートの期限が切れております。アンインストールし、V19をご利用ください。

ChemDraw V19 ライセンス取得方法

インストールマニュアルを確認の上、手順に従って作業をしてください。(※Boxへのログインが必要です。)
ChemDraw V19インストールマニュアル(Windows) PDF
ChemDraw V19インストールマニュアル(macOS) PDF

ChemDraw:利用申請フォーム

参考リンク

お問い合わせ先

 よくある質問 ⇒ [FAQ]各種問い合わせ先 をご確認ください。