全キャンパスで同一の無線LANサービスを提供しています。この無線LANは、本学に所属している者のみ利用可能となっています。規律を守って節度ある利用をお願いします。

802.1Xを認証を扱えるデバイスを利用の際は、’’事前共有鍵(PSK)”方式ではなく 802.1X認証を用いた無線LANの利用(TDU_MRCL_WLAN_DOT1X)が推奨されます。

802.1X 認証を用いた接続(TDU_MRCL_WLAN_DOT1X)

SSID TDU_MRCL_WLAN_DOT1X
セキュリティ方式 WPA/WPA2エンタプライズ (802.1X EAP)
暗号化方式 AES or TKIP
認証方式 PEAPv1 / EAP-GTC or PEAPv0 / EAP-MSCHAPv2
証明書のルート
証明機関(CA)
Security Communication RootCA2

設定マニュアル

※認証あり

PDF 無線LAN(TDU_MRCL_WLAN_DOT1X)設定マニュアル

※環境によっては認証情報が保存されず、認証情報の入力を何度も要求される場合があります。該当する場合は、以下の手順で認証情報を追加してください。

DOT1Xの追加設定(Win10)

DOT1Xの追加設定(Win8/8.1)

DOT1Xの追加設定(Win7)

特徴・注意事項
  • ユーザID/パスワードでの認証ができます。
  • 接続装置にサプリカント機能が必要です。

 

事前共有鍵(PSK)方式での接続(TDU_MRCL_WLAN)

SSID TDU_MRCL_WLAN
セキュリティ方式 WPA2-PSK,WPA-PSK
暗号化方式 AES or TKIP
PSKパスフレーズ 参照先(認証が必要です)
設定マニュアル PDF 無線LAN(事前共有キーTDU_MRCL_WLAN)設定マニュアル
特徴・注意事項
  • ネットワークに接続後、Webブラウザによるユーザ認証が必要になります。ID(学籍番号や職番)と共通パスワードを入力してください。
  • ユーザ認証を一度行なってから、2時間で自動的にネットワークが切断されます。接続が切断された場合は、再度Webブラウザにてユーザ認証を行ってください。
  • Web認証はデバイスがスリープ状態になるなど、一度無線LANシステムとの接続が解除され再度接続した場合には再度認証を行う必要があります。
  • グローバルアドレスが割り振られます。

eduroamの利用

eduroamの利用が可能です。詳細については「eduroam」のページをご覧ください。